Cloudflare(CDN)

サーバへの転送量 1 日 80~200GB の WordPress へ Cloudflare を導入したら 1 日 3~4GB になりました。


もちろん この ふうせん🎈 の Web サイトも Cloudflare を採用しています。

Cloudflare

24 時間 85.86GB が 3.41GB に

Cloudflare による転送量の表示です。
最新 24 時間 の表示で全体転送量 85.86GB もあります。
そのうち 82.86GB で Cloudflare のキャッシュで処理し、
サーバへ転送されたのは、たったの 3.41GB になっています。

これ、個人による WordPress のブログです。
WordPress では大成功しているブログえしょう。
参照数が多くなり、サーバ会社から制限を受けるようになったとの相談に、
私が依頼を受け、対応したのが Cloudflare の導入でした。

CDN サーバの仕組み

CDN サーバは Web サイト・ブログのコンテンツを蓄え(キャッシュ)、
再度同じ参照があった場合はそのキャッシュしたコンテンツから送出します。
世界の各地に CDN サーバを分散させる事で、負荷の分散と
参照地から近い CDN サーバからのレスポンスによる素早いレスポンスを実現します。

多くの CDN サーバは通常 Web サーバからのコンテンツ全体を得て、
世界中の CDN サーバへ分散させるようにするのですが、
Cloudflare の CDN サーバはページ・ファイル単位で
参照される度にリアルタイムで行っています。

Cloudflare の CDN サーバは世界中に存在します。2020年1月現在で 194 ヶ所です。
日本でも東京・大阪に設置されていて、
日本国内向けの Web サイト・ブログであっても、素早いレスポンスを実現します。


Cloudflare 導入でこんな事も実現!

Cloudflare のメリットは CDN サーバだけではありません。
こんなメリットもあります。

SSL サーバ証明書を自動発行・更新し SSL 化を実現

SSL 化を容易に実現できます。SSL サーバ証明書を Cloudflare が自動発行してくれます。
(Cloudflare 発行の証明書は無料。最新の Web ブラウザなら問題なく表示できます)
SSL に対応していないサーバでも、Cloudflare を導入して SSL 化を実現できます。

常時 SSL も対応し、http で参照した時の https への 301 転送、
HTML の http→https 変換も Cloudflare 側で可能です。

サーバ側でも SSL サーバ証明書を導入できる場合、
Cloudflare より無料発行される Origin SSL サーバ証明書(最長 10年)を使用し、
サーバ-Cloudflare 間の通信も SSL による暗号化を行えます。

最大 30 日までの参照数・転送量を確認

全体量と Cloudflare のキャッシュから処理された値をグラフ表示してくれます。
30 日単位以外に、7 日単位、24 時間単位での表示も可能です。

怪しい参照の警告とブロック

明らかに Web ブラウザではない参照など、異常なアクセスを検知した場合、
Cloudflare は参照をブロックさせます。
(特定表示を行い、Cloudflare 側で完結させます。サーバへは通信されません)

また 24 時間以内で怪しい参照を一覧表示し、確認できます。

つまり、Cloudflare を導入しただけで、ほとんどの攻撃はブロックしてくれます。

ネームサーバの提供・設定

ネームサーバ(DNS)が提供されていて、ゾーン設定を完全に設定できます。
このうちサブドメイン(含む www およびサブドメインなし)単位で
Cloudflare の有効・無効を設定する事もできます。

したがって、ネームサーバが提供されていないドメイン業者を使用している場合でも、
Cloudflare を導入してネームサーバのゾーン設定を行う事ができます。

転送などの特定処理

301・302 による転送、特定 URL によりキャッシュの有効レベルなど
細かく設定する事ができます。

独自ドメインを変更したいけど、サーバ側で 301 転送ができない場合も
Cloudflare を用いて 301 転送が可能です。

高速表示の最適化

キャッシュによる高速化以外に、TLS 1.3・HTTP/2 などの最新技術で
高速レスポンスを実現させています。
更に設定で無駄なタブ・空白の削除(minify)も実現できます。


でも……お高いんでしょう?

いえいえ!!

  • 転送量の制限なし
  • サイト登録数の制限なし
  • それでも 使用料金は無料

なのです。無料で上記機能が完全に使用できます。
高速化・CDN(キャッシュ)以外に、
SSL 化も、アクセス量表示も、転送も、特定参照のブロックも、ネームサーバも、完全に無料です!
有料プランはサブドメインの設定、古いブラウザからの参照
高速最適化などを目的に提供されています。通常は無料で十分使えるでしょう。

名前を知らないからと怖がらないで下さい。世界シェア 11% と言われています。
特に予算がない個人や中小企業など、
小規模が運営する Web サイト・ブログに Cloudflare は大きな救世主です。


WordPress でも Cloudflare を使用できます。

PHP で動的処理されている WordPress では
Cloudflare の導入で意図しない動作をしようですが……ご安心下さい。
WordPress には Cloudflare プラグインがあり、
WordPress に最適化された設定状態で導入できます。
安心してご利用いただけます。

mp-login.php の参照状況なども確認でき、ブロックもしてくれるので、
その点でも安心できます。


Amazon CloudFront

Amazon CloudFront

Amazon Web Service(AWS)では同等の CDN サービス CloudFront もあります。
AWS をご検討の場合は CloudFront 採用で安定した配信・動作が可能です。


Cloudflare や CloudFront の CDN についてご用命ですか?
お問い合わせフォームからご連絡ください。
Google ドライブ の Google フォーム を採用しています。

ふうせん🎈への お問い合わせ

ふうせん🎈
「好き」を形にする 🎈😍

ホーム
Facebook
お問い合わせ

0-円 aliexpress amazon-web-service apache aws aws-certificate-manager balloon balloons basic bing blog cdn cgi cloudflare com dkim ebay ec-サイト english firebase g-suite gmail google google-cloud-platform google-sites google-フォーム htaccess hugo jimdo jp lets-encrypt mailgun microsoft-azure net perl php sendguid seo spf ssi ssl sslサーバ証明書 tls wix wordpress さくらのクラウド さくらのメールボックス だけじゃない は使ってません ふうせん ゴム風船 サーバ ショッピングカート ショップ ショップのふうせん テンプレート テーマ ドメイン ネットショップ バルーン ブログ メールアドレス ラジオ 印刷 名入り 書籍 本当です 独自ドメイン 英語 費用 静的サイトジェネレータ 音声 音楽 風船

© 2013 - 2020 ふうせん🎈

Powered by Hugo with theme Dream.